大谷石 岐阜羽島 施工 補修 川出大谷石

大谷石・御影石・大理石・墓石の施工・補修・販売は岐阜羽島・有限会社川出大谷石にお任せください。

大谷石 岐阜羽島 施工 補修 川出大谷石
大谷石 岐阜羽島 施工 補修 大谷石について
大谷石とは?
大谷石の施工とは?
大谷石の補修工事例

大谷石 岐阜羽島 施工 補修 御影石の販売・施工
御影石・住宅用
御影石・神社、お寺用

大谷石 岐阜羽島 施工 補修 その他の業務
墓石工事
エクステリア工事
公共工事・その他工事
アウトレット在庫商品紹介

大谷石 岐阜羽島 施工 補修 有限会社川出大谷石のご案内
お見積りについて
会社概要・沿革        〜アクセスはこちら〜

大谷石 岐阜羽島 施工 補修 Information
個人情報保護方針
お問い合わせ・サイトポリシー

大谷石 岐阜羽島 施工 補修 大谷石とは?
                                              大谷石とは? 
歴史ある伝統の石材“大谷石”

大谷石のご説明
歴史ある伝統の石材“大谷石” 栃木県宇都宮市大谷町周辺で、地下から採掘される
浮石凝灰岩です。

今から2,000万年前、新生代第3紀中新世の前半は日本列島の大半が海中にあり、その1部がわずかに水面上に出ていた時代に、流紋岩質火山の爆発により噴出された火山灰や軽石を含んだ火山灰質の物質が、海水中に堆積し凝固してできたと言われています。

人造石には見られない大谷石独特の落ち着いた気品や本物の味など人々に好まれ浸透しましたが、近年良質な大谷石の採掘が困難になっており、大変貴重な石材です。

大谷石の特徴(性質)

1.)耐火性に優れている

2.)石の重力が軽い(比重 1.65)

3.)石質が柔らかいため、加工が容易

4.)人造石にはみられない、
  “心温まる風合い” “落ち着いた気品”
大谷石の特徴(性質)

大谷石の成分
大谷石の成分
硅酸70% / 酸化アルミニューム12.6% /
酸化ナトリウム2.9% / 酸化カリウム2.4% / 石灰2% /
酸化第二鉄1.8% / 水分11% /
その他酸化マンガン・酸化マグネシウム等を含有

大谷石の歴史
■古墳時代
切石積横穴式石室を持つ古墳に凝灰岩を使用

■奈良時代
下野国分寺・下野国分尼寺の礎石・地覆石・羽目石に使用

■平安時代
宇都宮氏初代の藤原宗円が宇都宮城を築城の際に使用(憶測)

■江戸時代(元和)
宇都宮城主・本多正純が宇都宮城の修築に大谷石を使用

■江戸時代(享保)
大谷の石材問屋16軒、家持ち石工357名

■江戸時代(弘化)
宇都宮の二荒山神社の石垣修理に使用

■明治時代
・足利模範撚糸合資会社(現 両野工業株式会社工場)
・石造平屋建の城山尋常高等小学校(現 城山中央小学校)校舎増築落成

■大正時代
・F.L.ライトと遠藤新の設計による自由学園(東京・目白)
・アメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトの設計による東京の旧帝国ホテル
 (1967年に解体され、現在は明治村に保存)に使用
・ライトの設計による兵庫県の淀川製鋼所迎賓館(旧山邑邸)に使用

■昭和時代
・安美賀の設計による宇都宮商工会議所(中央公園に1部保存)
・城山村公会堂(大谷町に現存)
・マックス・ヒンデルの設計による宇都宮カトリック教会
 (通称:松が峰教会 宇都宮市内に現存)
・宇都宮聖公教会(宇都宮市内の愛隣幼稚園敷地内に現存)
・栃木県教育会館(昭和55年取り壊し)
・遠藤新の設計による真岡小学校久保講堂(真岡市に現存)
・坂倉準三の設計による鎌倉の神奈川県立近代美術館に使用
・県営総合運動場完成
・栃木会館落成

『大谷石とは?』ページの最初へ戻る
サンプル画像

“オーダーメイドの石材でお客様のニーズにお応えする”
       『有限会社川出大谷石』へのお問い合わせはこちら>>
『有限会社川出大谷石』お問い合わせ専用フォームへ
“オーダーメイドの石材でお客様のニーズにお応えする” 『有限会社川出大谷石』 トップページへ戻る

大谷石・御影石・大理石・各種販売施工・エクステリア工事・墓石工事・公共工事
有限会社川出大谷石
 
〒501-6228 岐阜県羽島市正木町不破一色327

l TOP PAGE l 大谷石とは?大谷石の施工とは?大谷石の補修工事例
l 御影石・住宅用御影石・神社、お寺用墓石工事エクステリア工事公共工事・その他工事
l アウトレット在庫商品紹介お見積りについて会社概要・沿革〜アクセスはこちら〜 l 
個人情報保護方針お問い合わせ・サイトポリシー

COPYRIGHT(C)2007 有限会社川出大谷石 ALL RIGHTS RESERVED.